鈑金・塗装屋の気ままな日記
     自動車のぶつかったへこみ、こすったキズやバンパー・エアロ・スポイラー(FRP)割れなどを直す工程(鈑金・板金・塗装)を写真を使い説明してます。 未熟者の作業ですが、どうぞごゆっくりしていってください!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミラジーノ(R45)のフェンダーのキズ!
CIMG0043.jpg ミラジーノのフェンダに3センチくらいのスリキズがありました。
凹みはないようなので、耐水ペーパーで水研ぎをします。 


CIMG0043.jpg バンパー・ヘッドライトにサフェーサーが飛ばないようにマスキングをして、サフェーサーを塗装します! 


CIMG0043.jpg サフェーサーが乾く間に、ミラジーノの色番号を調べて調色作業を行います!
色番号はボンネットの中にありました。R45でした。R45の配合を見て調色を行います。
色ができた頃にはサフェーサーが乾いたので、耐水ペーパーで水研ぎをして、フェンダーを足付けをして塗装の準備マスキングを貼ります。 


CIMG0043.jpg 赤ってやつは塗装で染まりが悪いので、下塗りにグレーを塗装します!
材料費削減で何気にエコ? 


CIMG0043.jpg グレーが乾いたら、ゴミを取ってさっき調色したR45を塗装して、クリヤー塗装で完了! 


CIMG0043.jpg 塗装が乾いたらゴミやブツを耐水ペーパーで削って磨き作業をしてミラジーノ納車! 


スポンサーサイト

テーマ:ミラジーノ - ジャンル:車・バイク

ダイハツミラ(B42)のクォーター交換!
CIMG0043.jpg ダイハツミラの左クォーターパネル交換です! 

べっこり凹んでしまっています。。。


CIMG0043.jpg テールランプ・リヤバンパーを外して、ガラスを外します。
内装の内張りなども外して、クォーターパネルを外すためスポっト溶接部分をスポット溶接切り(ドリル)でもみます。
すべてスポット溶接部分をもめたら、ピラー部分をエアーソーで切断します。
クォーターパネルを外します。 


CIMG0043.jpg 新しいクォーターパネルのピラー部分の長さを合わせて切断して、ボディ側と新しいパネルのスポット溶接部分をけがいて、さび止めを塗って、会わせてみます

その時ドアのすき間や高さ、バックドアのすき間、テールレンズのすき間などを確かめ。倍すで止めて動かないようにして、スポット溶接をします。
スポット溶接が済んだら、ピラー部分などを溶接します。 


CIMG0043.jpg 溶接したところをパテを塗ってきれいに整えます!

新しいクォーターパネルですが、整形中か搬送中にできた傷があったので、その傷も直します。。。 


CIMG0043.jpg パテが仕上がったら、サフェーサーを塗装して乾かし、塗装部分の足付けをして、サフェーサーの水研ぎをします!
水気やほこりなどをよ~く掃ってマスキングをします。

マスキングができたらミラの色づくりです。
ミラ色番号はボンネットの中にありました。 色番号はB42でした。B42を配合で調べて調色をします。


CIMG0043.jpg シリコンオフでキレイにふき取って、先ほど調色したB42を塗装します!
B42が塗装出来たら、その上にクリヤー塗装して塗装を終わりです。 


CIMG0043.jpg 塗装が乾燥したら、ガラスを取り付けて、バンパーなど外したものを、元に戻します!
塗装中に着いたほこりなどをペーパーで取り除き、磨き作業をして、ミラクォーター交換終了です。 

テーマ:軽自動車 - ジャンル:車・バイク

ダイハツミラジーノ(R30)のバックドア交換
CIMG0043.jpg 今回はダイハツミラジーノが入庫しました! 
見ての通りバックドアはひどいので交換。中古の色違いがありました。
リヤバンパーは中古で同色がありました。
バックパネルは鈑金修理です。


CIMG0043.jpg 中古のバックドアが届きました!
バックドアは白が届いたので、はじめに裏側を塗装しちゃいます。

塗装するにあたって、ミラジーノの色番号を見つけます。ミラジーノの色番号はボンネットの中にありました。
色番号はR30でした。R30を調色して裏側を塗装します。
 


CIMG0043.jpg 裏側の塗装が乾いたら、交換します!
交換して、シールを剥いだり、キズを拾ってサフェーサを塗装しました。

バックドアがついたのでバックパネルの鈑金修理を行います。
バックパネルを引っ張って叩いてパテを塗りキレイに形を作りサフェーサを塗装します。

サフェーサが乾いたら水研ぎをして、塗装の準備、マスキングをします。
 


CIMG0043.jpg マスキングができたら、裏吹きの時に調色は済んでいたので、塗装開始! 



CIMG0043.jpg 塗装が乾いたら磨き作業をして、外したもの(ナンバーやガーニッシュ・ワイパーなど)を取り付け、シール、エンブレムを貼りつけ、リヤバンパーも付けてミラジーノ納車になりました!
 


テーマ:軽自動車 - ジャンル:車・バイク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。